INTERVIEW KEIKO MAEJIMA 真の「教育者」として歩むために。私が、教育の「常識」を壊す。真の「教育者」として歩むために。私が、教育の「常識」を壊す。

INTERVIEW AYANA maejima

教師の家系に育ち、当たり前のように進んだ教育学部。なんとなく、教師になると思っていた。教師の家系に育ち、当たり前のように進んだ教育学部。なんとなく、教師になると思っていた。

教育実習を繰り返す中で、ある疑問を抱くことになる。
それは「教育格差」だった。
同じ日本でも地域や自治体が違えば、教育指導が変わる現実。
子どもは学校教育を受けるエリアを選べない。

「教育の現状を、変えたい」

今までにない自発的な感情が沸き上がったとき、
「なんとなく教師」という選択肢は消え去り、
気づけば、教育開発出版の内定承諾を済ませていた。

教育実習を繰り返す中で、ある疑問を抱くことになる。それは「教育格差」だった。同じ日本でも地域や自治体が違えば、教育指導が変わる現実。子どもは学校教育を受けるエリアを選べない。「教育の現状を、変えたい」今までにない自発的な感情が沸き上がったとき、「なんとなく教師」という選択肢は消え去り、気づけば、教育開発出版の内定承諾を済ませていた。

教育の現状と向き合うために。あえて選んだ「教材づくり」の道。教育の現状と向き合うために。あえて選んだ「教材づくり」の道。

私が教壇に立つだけでは、国の教育の現状は変えられない。
教材なら、間接的に多くの子どもたちに想いを届けられる。

教育開発出版では、現場で教育者の声を聴き、
社内で部署横断的に意見交換や情報共有を行う。

様々な角度から教育と向き合うことで、
これまでにない新しい姿の教材を、
0から創造し、提案することができる。

私が実現させたいことは、
常識や定石で成り立っている従来型の教材にメスを入れ、
教育の在り方そのものを覆す「手段」を創造すること。

私が教壇に立つだけでは、国の教育の現状は変えられない。教材なら、間接的に多くの子どもたちに想いを届けられる。教育開発出版では、現場で教育者の声を聴き、社内で部署横断的に意見交換や情報共有を行う。様々な角度から教育と向き合うこと、
                    これまでにない新しい姿の教材を、0から創造し、提案することができる。私が実現させたいことは、常識や定石で成り立っている従来型の教材にメスを入れ、教育の在り方そのものを覆す「手段」を創造すること。

今の“非”常識を、未来の常識に。進化の先に、理想的な教育の在り方を叶えたい。今の“非”常識を、未来の常識に。進化の先に、理想的な教育の在り方を叶えたい。

荒唐無稽な夢と笑われるかもしれない。
今すぐに大きな変革も起こせないかもしれない。
でも、小さな工夫や新たな発想の積み重ねで、
教材は少しずつ進化していける。

距離や時間の制限によって見過ごされてきた地域格差も、
教師や講師の人手不足によって起きていた学力差異も、
解決に導く鍵は、きっとここにある。

多くの子どもたちに平等な教育を与えることができたとき、
初めて私は「教育者」として胸を張ることができると思う。

荒唐無稽な夢と笑われるかもしれない。今すぐに大きな変革も起こせないかもしれい。でも、小さな工夫や新たな発想の積み重ねで、教材は少しずつ進化していける。距離や時間の制限によって見過ごされてきた地域格差も、教師や講師の人手不足によって起きていた学力差異も、解決に導く鍵は、きっとここにある。多くの子どもたちに平等な教育を与えることができたとき、初めて私は「教育者」として胸を張ることができると思う。

ページのトップへ