INTERVIEW AYANA SHIONE 「一人ひとりと向き合える教育」そのあり方を創るために。私が、業界の「今」を壊す。「一人ひとりと向き合える教育」そのあり方を創るために。私が、業界の「今」を壊す。

INTERVIEW AYANA SHIONE

子どもの頃に憧れていたのは、生徒思いの先生だった。子どもの頃に憧れていたのは、生徒思いの先生だった。

就活で目指していたのは、もちろん教育者。

「私もそんな先生になる」

そんな熱意に燃えていた。
でも、学校のインターンシップで思い知ったのは、生徒一人ひとりと向き合う時間を作れない教育現場の現実だった。

現場では私の理想は実現できない。
そう考えていたときに出会ったのが、教育開発出版だった。

就活で目指していたのは、もちろん教育者。「私もそんな先生になる」そんな熱意に燃えていた。でも、学校のインターンシップで思い知ったのは、生徒一人ひとりと向き合う時間を作れない教育現場の現実だった。現場では私の理想は実現できない。そう考えていたときに出会ったのが、教育開発出版だった。

ここでなら、自分が考える「理想的な教育業界」を創造できるんじゃないか。ここでなら、自分が考える「理想的な教育業界」を創造できるんじゃないか。

気づいたときには、内定承諾の連絡を済ませていた。

営業として一番大切にしているのは、私自身の姿勢。
講師との信頼関係を築いていくことで、私の求める教育を実現するための提案型アプローチができる。

気づいたときには、内定承諾の連絡を済ませていた。営業として一番大切にしているのは、私自身の姿勢。講師との信頼関係を築いていくことで、私の求める教育を実現するための提案型アプローチができる。

社外でも、社内でも、あらゆる人と本気で向き合う。社外でも、社内でも、あらゆる人と本気で向き合う。

一つひとつは小さなことの積み重ねかもしれない。
でも愚直にやり続けることが、講師が生徒と向き合う時間を創ることにつながっている。

私の行動で、教育現場を変えていく。
その第一歩が、この会社を変えること。
だから目指しているのは、女性初の営業管理職。そして最年少役員へ――。

そのとき初めて、理想のあり方を創り上げるスタートに立てると信じている。

一つひとつは小さなことの積み重ねかもしれない。でも愚直にやり続けることが、講師が生徒と向き合う時間を創ることにつながっている。私の行動で、教育現場を変えていく。その第一歩が、この会社を変えること。だから目指しているのは、女性初の営業管理職。そして最年少役員へ――。そのとき初めて、理想のあり方を創り上げるスタートに立てると信じている。

ページのトップへ